これで失敗なし!難しい前髪セルフカットの悩みもこれで解消!

 

仕事も忙しいし、お金もないし、美容院に行くのは面倒!

でも、前髪はどんどん伸びてきて・・・
そんな時に前髪を自分でカットして失敗しちゃう人いませんか?

私は失敗をよくしていました!

 

切りすぎてオンザ眉毛に・・パッツン前髪に・・虎刈りに・・・
ありとあらゆる失敗をしてきたスペシャリストです!!

そんな私がみつけた前髪セルフカット完全攻略をお伝えします!

 

 

必須アイテムはヘアクリップと専用のはさみ

 

ヘアクリップがあると切りやすさが全然違うので是非準備してくださいね!

ヘアクリップで「カットしたくない場所」「カットしたい場所」
きちんと分けてください。

 

 

私は髪の毛がとっても少ないので、ヘアピンで留めてカットしています。
髪の毛が少ない方はヘアピンのほうが止めやすくていいと思います。

 

でも髪の毛の量が多い方は前髪も多いですよね・・
そういうときはちゃんとクリップで留めてくださいね。

あとほんの少し霧吹きで濡らすと
髪の毛多い女子には切りやすさは格段に上がります。

 

 

あと重要なのは「専用のはさみ」なんです。

 

 

 

美容師さんが使っている美容ハサミは本当に
「ここを切りたい!」
というところをピンポイントでカットできるんです!

あと切れ味が普通のハサミやスキバサミと全く違います。

「え?こんなにきれいにカットできるの?」

とびっくりしちゃいますよ。

 

私は美容ハサミを使うようになってからセルフカットは失敗しらず。

 

前髪はセルフカット派の方は、
専用のハサミはそんなに高くないので購入をおススメします!

 

 

前髪セルフカットのコツは?

 

まずは当たり前ですが

「どのくらいカットしてどういう前髪にしたいのか決める」

 

「少しずつカットをすること」

 

「切りすぎないこと」

 

がとっても大事です。

 

そして、美容師さんがよくやるように、
最初から縦にハサミをいれると意外と失敗しがちです。

やっぱりプロってすごいんですね。

 

セルフカットするときは、まず前髪をクシできちんと整えてから、
理想の長さより長めのところまでゆっくり横に切りそろえちゃいましょう。

 

 

 

ここで注意してほしいことは、慣れていない方は

「あれ?右にあわせたら左が短くなっちゃった!」

などガタガタの虎刈り風になってしまうので注意!

ゆっくりと、クシでと整えつつ、
真っ直ぐに理想の長さより

「ちょい長いかな~」

まで切りそろえてくださいね。

 

そして、横に流したい方はそれに合わせてカットしたり、
前髪をすいたりしたい方はスキバサミで仕上げるといい感じに!

 

もちろんスキバサミですくときも、
いきなりジャキッと切らずにゆっくりとすいてくださいね。

髪を濡らしてカットする方は、乾かしたときのことまで
考えて思っているよりも少し長めにセルフカットをするとうまく行きますよ。

 

 

まとめ

慣れてうまくできるようになると、

「自分でセルフカットしちゃお」

と、すぐに理想の前髪を自分で作ることができるようになります。

大事なことは道具をそろえることと、

「少しずつカットをすること」
「最初は長めにカットをすること」

です!!

経験者談ですが、うまくいくようになって
慣れたころにうっかり失敗しがちです!

気を付けてくださいね。

UA-93580511-1