とってもカンタン♪初めての自宅カット 用意するもの&気になるトコロ

 

自宅でこどもの髪を切るのにそもそも何を用意したらいいですか?

私は最初、家にあった文房具のハサミ一本でカットしてみて大失敗!

これからカットを始める方へ、そんな私がおススメする
自宅カットに必要なものはこちらです!

 

1・自宅でのカットに必要なものはこれだけ!

 

まずはハサミが一本あれば充分です!

 

ケープやクシも必要?

ハサミも何種類かあるし…

とお思いの方、まずはハサミ一本で気軽に始めてみましょう。

何度かやりながら必要と思ったら買い足せば良いのです。
子育て中は物が増えがちです。

必要かわからないものまで買う必要はありません。

 

❶ 散髪用ハサミ、もしくは散髪用すきバサミ

赤ちゃん用品を扱うお店やコーナーに大抵置いてあります。

ネットでも購入可能で、1つ千円程度です。

普通のハサミで切ろうとすると切れ味が悪く
カットする側の手が痛いだけでなく、ハサミの隙間に髪の毛が
挟まり引っ張られてカットされる側も痛いことがあります。

子どもが散髪を嫌がると厄介です。
ハサミはケチらず用意しましょう。

また、どちらか1つ最初に用意するなら、すきバサミがオススメです。
(理由は次章で…)

 

❷ ゴミ袋やスーパーの袋(散髪用のケープ)

ケープなどを買わなくても、まずはビニール袋に穴を開けてかぶれば充分です。

意気込んでケープを買っても子どもが嫌がることもあります
(うちの子はつけてくれましたが、友人の子はつけてくれないそうです)。

自宅の場合はベランダやお風呂場で散髪すると掃除が楽チンです。

切り落とした髪を捨てる袋は事前に近くに用意しておきましょう。

 

2・自宅でのカットにここが気になる!

 

❶大失敗したらどうしよう⁈

実は、こどもの髪質は変化するので、
大抵の場合失敗しても目立たない練習期間があるのです。

赤ちゃんの髪はフワフワしているので、失敗しても目立ちにくく、
本人も髪型を気にしないので親にとっては良い練習期間となります。

4歳頃には大体の子がしっかりとした髪質になります。
そうすると、失敗が目立ちやすくなります。

また、その頃には本人も髪型を気にするようになるので、失敗すると厄介です。

逆に言えば、その頃までにある程度切れるようになれば良いのです。

→最初はもし失敗しても、目立たないから大丈夫!
そもそも正しい方法で切れば、失敗しません。(方法は別の記事で)

 

 

❷初めての散髪の時期は?

・一歳まで伸ばして筆を作りました(男の子)

・前髪以外は3歳の七五三まで伸ばして、その後切りました(女の子)

・生まれた時から立派な髪の毛が逆立って、首が座るころには散髪しました。

→ 時期は様々です。

お母さんが気になった時が切り時かもしれません♪

 

まとめ

★自宅でのカットにひとまず必要なのは、ハサミ一本とごみ袋!

★初めてのカットは大失敗にならない赤ちゃんのうちにこっそり始めましょう。(笑)

 

失敗しないカットの「具体的な方法」は次章をご覧ください♪

UA-93580511-1