マハラニヘナによる脱シャンプー !!

 

 

 

あなたは毎日髪を洗っていますか?
ほとんどの方が「はい」と答えるのではないでしょうか。

実はそれ、間違っているのです。
現代はシャンプーの広告効果もあり、ほとんどの方が髪を毎日洗うようですが、
それによって頭皮や髪の不具合がもたらされていることはあまり知られていません。
年齢とともに皮脂量は低下します。

洗いすぎは頭皮の乾燥を招まねき、かゆみや髪のパサつきの原因にもなります。
海外では2~3日に一回、長ければ一週間に1回という方も多いです。
今回は、マハラニヘナによる脱シャンプーについてまとめます。

 

 

  • 自分の地肌と髪を知る

いきなり脱シャンプーをするには現代人は抵抗があると思います。
シャンプーをしないと気持ち悪い、べたつく、臭いが気になるなどの
トラブルも出てくるでしょう。それは、当たり前のことです。

なぜなら今まで毎日シャンプーをする生活を送ってきている
(長年のシャンプー剤で皮脂の過剰分泌が起こっている状態)わけですから、
突然シャンプー回数を減らすと上記のようなトラブルに見舞われて当然です。

まずは現在の自分の地肌と髪の状態を把握しましょう。
その上でマハラニヘナを行いつつ、
段々と適切なシャンプー回数に減らしていくことが重要です。

 

  • マハラニヘナによる脱シャンプーの手順

ヘナショックという言葉をご存知でしょうか?
初めてのヘナの後は、髪がごわつく・きしむといった症状が見られます。
自分に合わないと思ってやめてしまう人もみえます。
しかし、それは最初の好転反応だと思ってください。

ご存知の通り、ヘナには天然のトリートメント成分が入っています。
その効果が表れるには髪が健康な状態でなければなりません。
多くの方は、健康な状態の髪ではないためにこのヘナショックが起きるのです。
だいたいマハラニヘナ3回目まではあきらずに我慢して使用してみてください。

ヘナの継続により、髪が健康な状態へと導かれ、
そこでようやくトリートメント効果が発揮されだすはずです。
そうなると、頭皮も健康な状態へと改善されてくるため、
シャンプーの回数も自然と減ってくるのです。

 

 

  • おすすめはハーブシャンプー

先ほどのヘナショックですが、元々石鹼シャンプーを使用していた方は
あまり感じない方も多いと思います。
私自身もそのうちの一人で、半年ほど石鹼シャンプーをしていたので
ヘナショックは少なくて済みました。

しかし、よりヘナと相性の良いシャンプーを探したところ、
「香る髪」へと行きつきました。
まだ「香る髪」を使用して二週間ほどですが、
明らかに石鹼シャンプーにはない良さを感じています。

それが脱シャンプーです。
石鹼シャンプーの際にはやはり毎日洗髪を行っていました。
夜になると頭皮の匂いが気になってくるからです。
「香る髪」へ変えて一週間後、二日に一回のシャンプーでも
頭皮の匂いが気にならなくなりました。

これを継続させていけば、洗髪回数がもっと減ることが目に見えてわかります。
一番素晴らしい点はトリートメントがいらないところです。
「香る髪」へ変えてから、シャンプーのみでトリートメントは行っておりません。
それでも髪は健康で手触りも良くなっています。

まだ始めて二週間でこの成果なので、半年後・一年後が非常に楽しみです。

 

 

★マハラニヘナの購入はコチラ★

UA-93580511-1