セルフカットでも可愛くなれる!!
前髪のカットを現役美容師が解説します

セルフカットでも可愛くなれる!!前髪のカットを現役美容師が解説します

LICEL

バングカット(前髪カット)の動画や記事は多いけど
触角と言われる(サイドバング)部分のカットはなかなか参考になるものが無い。そんなお話を聞いたので、今回はサイドバングのカットを解説します。

まずはきちんとしたセルフカット用のハサミ用意しましょう。
おすすめはコチラ

【LICELシザー】

2780円でセニングシザーがセットになっているのでとってもコスパが良いです。

1.まずはブロッキング

①前髪と触覚を全て出して後ろの毛をまとめるよ!

左右の量が違う
よく分からない毛が出てくるなんて事ありますよね。

それは最初のブロッキングの時点で左右対称ではないのが原因ですので
しっかりと綺麗な三角形にブロッキングしましょう。

この時点で左右の量を合わせておかないと、
カットした後に後悔します!!

2.サイドバングを分割して切る

④触覚を縦に半分に割っていきます

コテで巻いたりしたときに動きが出やすかったり、柔らかい感じを出すために
触角を縦に4分割して切っていきます。

まずは、1番内側にある毛束から切ります。

パツンと切るのではなく、斜めに少しずつ切っていきましょう。

長さの決め方はとっても簡単で、
真っ直ぐ顔を見た時に1番出ている場所
人によって
・頬骨
・ほっぺた
・エラ
等違うので、鏡を見て1番出ている場所が
隠れる長さで切りましょう。

今回参考にした動画がコチラ

3.毛束が斜めになるように整える

⑥軽く整えて綺麗な斜めを作るよ!
次の毛束は、1番最初に切った毛束から繋がる様に
斜めに毛束を切っていきます。

そうすることで先細りの毛束が出来て柔らかい仕上がりになりますよ。

4.今回のまとめ

・ブロッキングはカットと同じくらい大切!!

・切るときは毛束を4分割して、少しずつ切っていく

・毛束を綺麗に斜めに繋がる様に整えると柔らかい印象になる

触角(サイドバング)は似合わせにとても重要な部分です。
ここが顔に合っていれば、髪型全てが似合って見えるほどです。

そんな大切な所を自分で上手に切れる様になれば
周りから褒められること間違いないですね。

少しのカットで大きな印象の違いが出る場所なので、
慎重にカットして下さいね。

UA-93580511-1