セルフカットで使うハサミで大切な3つのポイントを現役美容師が解説

セルフカットで使うハサミで大切な3つのポイントを現役美容師が解説

LICEL

セルフカットするときに1番大切なハサミ。
しかし、どんな物を使っているのか聞いたり見せていただくと
良い物もありますが、かなり作業のしにくい物もあったりするので
ハサミを購入する際に参考になるようなポイントをお伝えしたいと思います!!

今回はLICEL(リセル)というセルフカット用ハサミを使ってご紹介していきます。

1.材質

刃物に使う金属は色々な種類があり、
こちらのハサミはステンレスを使っています。
実はステンレスは、用途や材質によって沢山の種類があるのですが
LICEL(リセル)はSU420という炭素を多めに含む素材で作られているため
硬さと粘りがあり丈夫で切れ味が長く続きます

質の良くないステンレスは安価ですが不純物が多く切れ味が続かなかったり、
落としたらすぐに欠けたり割れたりしてしまいます。

2.刃の加工

カット用ハサミはより切れ味を良くする為にひぞこ(裏スキ)という加工がされています。

メリットとしては
・刃が強くなり刃先まで力が伝わりやすくなる
・ハサミの開閉がスムーズになる。
・研ぎを繰り返しても切りやすさが続く。
と、いった感じです。

刃物は、直線で出来ているように見えますが、
全て曲線で作られています。
曲線で作ることで切れやすさと強度を保っています。

しかし、加工技術が難しく職人のレベルが大切になります。

3.大きさと重さ


LICEL(リセル)は全長17センチで刃渡り7センチなので、
女性でも手に収まりやすいサイズで、重さは60グラムなので軽く扱いやすいです。

もっと小さい方が扱いやすいですが、
ハサミは小さくなると切るために必要な握る力も必要になってくるので疲れやすくなります。
なのでこのサイズは丁度良いサイズ感だと思います。

まとめ

アマゾンなどの通販を見てみると無数にあるセルフカット用ハサミですが、
細かく見てみるとこのような違いがあり奥が深いのです。

だからこそ、こだわりのある作りのハサミを使ってほしいです。
今回ご紹介しながらお伝えしたLICEL(リセル)はこちらのページから購入が可能です。

価格も¥2780とお求めやすくセニングシザーもセットでおすすめです。

UA-93580511-1