失敗しないセルフカット!!
簡単に前髪が切れる方法を現役美容師が解説

お子様のセルフカットでの失敗やお悩みを現役美容師が解説します!!

LICEL

今回は実際にセルフカットをされた方の写真を見ながら
美容師目線・読者目線の両方から解説して行きたいと思います。

まずはセルフカット用のハサミを用意しましょう。
おすすめはコチラ

【LICELシザー】

2780円でセニングシザーがセットになっているのでとってもコスパが良いですよ。

1.まずはbeforeの状態を確認

まずはbeforeの状態を確認

カットを始める前に今どうなっているかを確認することが大切です。

まずはbeforeの状態を確認
赤い線より下はかなり梳いてあるので薄い状態ですが、
上は梳かれていないので量が多いです。
量の段差があるようにみえます。

青い線で書いたように、目の横に落ちる前髪が多くなりやすい毛流れがあります。

そのままの長さを切ってしまうと重さが出すぎてしまったりしやすいので
注意が必要です。
まずはbeforeの状態を確認

2.カット後の状態を確認

カット後の状態を確認

かなりガタガタしてます。
重さも出ています。

なぜこうなるのか?まずはこちらを見て下さい。

赤い線で書いてあるギザギザ部分ですが、
絵で書いた様なギザギザ感が出て違和感がある原因は

・前髪以外の髪の毛も切って前髪にプラスしているために、前髪の奥行きが広くなり重さが出ている。

・完全に下ろした状態でカットしているので更に重い質感になっている。

・ハサミが横に近い斜めで切っている

といった事が考えられます。

水色と白の場所を見てみましょう。
ラインが斜めになっていて、毛先が馴染んだ感じになっていますよね。

これは赤いラインの切り方と違い
床と並行になるくらい持ち上げた状態で切られた為に、
この仕上がりになっていると思われます。

全体的に馴染んだ感じにしたい場合は
持ち上げてカットする

重い感じに仕上げたい時は持ち上げずにカットする

左右で同じ切り方をしてあげると上手くいくとおもいます。

参考になる動画はこちら

3.仕上がりを見てみよう!!

仕上がりを見てみよう!!

少し修正もして出来上がりです。
セルフカットと考えると良い仕上がりだとおもいます。

より、自然で可愛く仕上げるのであれば

・前髪は黒目と黒目の間に落ちる場所だけ切る

・前髪の奥行きを広くしすぎない(切る量が増えると失敗も増えやすいです。)

の2点を意識するとより良くなったのかなと思いました。

誰でも最初は上手くいかないものですが、
どうして失敗したのかを見つけると
どんどん上手になっていきます。

最初のうちは、美容室とセルフカットを交互にして
美容室で切られたラインを参考に
そのままの短くするようにカットすると
上手に切れるのでおすすめです。

UA-93580511-1