失敗しないセルフカット!!
簡単に前髪が切れる方法を現役美容師が解説

失敗しないセルフカット!!簡単に前髪が切れる方法を現役美容師が解説

LICEL

セルフカットと言えば前髪がメインだと思います。
しかし、1番怖いのが失敗ですよね。そんな失敗を恐れるあなたに
この通りやれば大丈夫な方法をお伝えします!!

まずはセルフカット用のハサミを用意しましょう。
おすすめはコチラ

【LICELシザー】

2780円でセニングシザーがセットになっているのでとってもコスパが良いですよ。

1.切るのは前髪だけ!!

失敗案件①前髪の幅を広げてしまう(そうならないように両サイド留めておきましょう)

前髪を切っていたら、

「なんかよく分かんない長い毛が出てきた…」

「切っちゃおっ。」

そんなコトありますよね。

それ、ダメですよ!!

それを繰り返していると、どんどん前髪の幅が広くなってしまいます。

そうなることで顔が大きく見えたりすることもあるのでしっかりとブロッキングしてから切りましょう。

まずは、切る前にしっかりとブロッキングする。
これが失敗しないコツです。

2.前髪の両端も留めておく

前髪の両サイドも留めておくと絶対に失敗は無くなります

「前髪切ったら顔が大きく見える!!」そんな経験は
皆さん体験したことがあると思います。

実はそれ、前髪の幅の問題かもしれません。

「目にかかってくるのがイヤ!!」などあるとは思いますが、おしゃれは我慢です!!

実際に目にかかってくるのは黒目と黒目の間に落ちてくる前髪ですので
サイド寄りの前髪は残しておいても目に入ってきたりはしにくいです。

今回参考にさせて頂いた動画はコチラ

とても分かりやすく丁寧なので見てみて下さい。

3.ガタガタ・切りすぎを防ぐ!!

失敗案件③前髪切ったらガタガタになってしまう(二段に分けることによって防止できる)

よくある失敗としては、ガタガタになってしまったり切りすぎたりがありますよね。

それを防ぐには前髪を2段に分けて切る事

2段に分けて少しずつ切っていく事で切りすぎを防ぎながら
薄い前髪で切っているのでカットラインがかになるのも防いでくれます。

4.今回のまとめ

失敗要因の再復習
・切るのは前髪だけで、長い毛が出てきても切らない!!

・失敗を減らす為に前髪の両端は切らずに留めておく!!

・ガタガタや切りすぎを防ぐためにも2段階で切っていく。

前髪を自分で上手に切れるようになれば、
わざわざ前髪だけの為に予約して美容室に行く行かなくて良くなるし
1000円から2000円ほどかかる前髪カット代を節約出来ます。

美容師から見ても、ご自身で前髪のカットをされている方は多いので
セルフカットされている方同士で話も盛り上がるかもしれませんよ。

私達美容師はセルフカットに反対では無いですが、迷った時は切らずに相談して頂けると助かります!!

UA-93580511-1