思い通り切れたけど、もう少し綺麗に見せたい…
そんな方に教えたい3つのポイントを解説していきます!!

思い通り切れたけど、もう少し綺麗に見せたい… そんな方に教えたい3つのポイントを解説していきます!!

LICEL

セルフカットしてみたけど、何か変…思い通り切れたいけど、もう少し綺麗に見せたい…

そんな方に教えたい3つのポイントを解説していきます!!

今回は現役美容師の私が仕上がりを見ながらポイントを解説して行きたいと思います。

まずはきちんとしたセルフカット用のハサミを用意しましょう。
おすすめはコチラ

【LICELシザー】

2780円でセニングシザーがセットになっているのでとってもコスパが良いです。

実際に使われた方からの声もどうぞ。
手書きメッセージ

1.なりたいスタイルをしっかりイメージしよう!!

1つ目のポイントは、
なりたいスタイルをイメージする事です。

ただぼんやりイメージするのではなく
スタイル写真等を見ながら前髪は真っ直ぐ?ラウンド?

耳はどれくらい出てる?
トップの長さはどれくらいだろう?
前から見て襟足は見えてる?

等、画像を拡大してみたりして細かく見てみるのが大切です。

これを怠ると、切りながら調節する事になるので
切りすぎたりする事もありますし、
バランスがおかしくなってしまう事もあります。

美容師もカットの時に見ている

『どこから生えている毛の毛先がどこにあるか』
これが分かるようになると、格段に仕上がりが良くなります。

2.自分自身の髪の毛をチェックしよう!!

早速今回ご協力頂いた方のビフォー写真を見てみましょう。



髪質は
細めで柔らかい
クセは弱め
全体的に生え方のクセが少しある(生え際には強めの流れがある)
油分が多めなのでペタッとしやすい

と、いった感じですね。

何故ここまで確認するかと言うと、
髪質が分かると、カットで改善出来ることもあるからです。

ですので、2つ目のポイントは自分の髪の毛をチェックする事になります。

実際に改善するために必要な方法はアフターを見ながらご紹介します。

3.長さを切る。プラスαをしよう!!

早速、セルフカット後の写真を見てみましょう。


ご自身で全体をカットしたと考えると、
とても上手だと思います。

ここで3つ目のポイントプラスαを加える
プラスαとは、自分に合わせたカスタマイズ
の様なものです。

例えば似合わせ
こちらの画像を見てみましょう。

青色線が加えてあります。
輪郭の1番外側に出ている場所、頬骨がありますが
これが写真の方の
ウィークポイント(顔が大きく見えたり違和感を感じさせやすい箇所)
になります。

ですので、切る前のチェックの時に前髪の横(サイドバング)を長く残しておくように
しておけば更に良くなっていたと思います。

油分が多めの髪質の方は毛先の質感が重く馴染み感が悪くなりやすいので、
セニングシザーで縦に切ったり、髪の毛を毛束状につまんでランダムに切ったりすると
もっと馴染んだ感じになると思いますよ。

4.今回のまとめ

・なりたいスタイルをイメージする

・自分の髪の毛をチェックする

・プラスαを加える

この3つがセルフカットの大切なポイントとなります。
もちろん全部が全部出来るか!!とのお声もあると思いますが
今回は1つ実践
次回は2つやってみよう。
そんな感じで回数をこなしていくと、
自然と身についてくると思います!!

トップの長さ等が分からない時は一度、美容師さんに切って貰って、
伸びたぶんだけ自分でカットすると、長さのバランスの理解にもつながると思います。

まずは、どれか1つからでも試してみて下さい。

UA-93580511-1