マハラニヘアオイルについてのまとめ

1・マハラニ ヘアケアオイル

ヘナやハーブシャンプーの後に少量を髪につけることで、ヘナやハーブの匂いを軽減できます。

髪がパサつく場合には毛先に少量付けると、しっとりまとまりやすくなります。

※たくさんつけすぎると髪の毛が油っぽくなります。

※ヘナやハーブシャンプーに混ぜても匂いは軽減されません。

必ずヘナ・シャンプー後に使用してください。

 

2・アタルバ・ヘアオイル(ココナッツオイルベース)

ヘナ前やハーブシャンプー前の頭皮マッサージや、ヘナ後・ハーブシャンプー後の

ヘアオイルとして使用します。

特にインディゴ染めやハーバルカラー染め後のヘアオイルとしておすすめです。

ココナッツオイルには髪をしなやかにサラサラに仕上げる作用と、

髪と頭皮を清潔に保つ作用がありますので年間を通して使うことができます。

脱シャンプー中で頭皮の匂いが気になる場合にも使用してみて下さい。

 

3・マハラニ フレグランスオイル

ジャスミンとユリを合わせたようなお花の香りのオイルです。

インドの高級エステでも使用されています。

ハーブシャンプー後、少量を髪につけるだけで匂い軽減効果があります。

ベースオイルにはホホバオイルのみを使用しておりますので、

フェイスオイルやボディオイルとしても使えます。

乾燥肌の方は特におすすめですので、一度試してみてください。

 

4・ヘッドマッサージオイル

就寝前のヘッドマッサージオイルとしてお使いください。

続けることで以下のような効果が生まれます。

①ヘナの最中に心地よさが増す
②ヘナの匂い軽減
③仕上がりの向上
④頭皮の染まりを軽減する
⑤顔の肌が潤う

 

5・ヘッドマッサージオイルR


ローズを配合していますが、アロマオイルのような強い香りではありません。
塗布後しばらくしてからほのかに香る心地よい使用感です。

 

6・ベビーオイル

 

赤ちゃんや子供の肌を乾燥から守るオイルです。
使い方も簡単で、入浴前後にベビーオイルを全身に伸ばすようにマッサージします。
アーユルヴェーダでは入浴前のオイルマッサージがすすめられています。
そうすることで入浴後に体温上昇効果で皮膚上のオイルが肌に吸収されやすくなります。

においに敏感な赤ちゃんや子供のために、微香性となっています。

 

7・ニームオイル

お肌を清潔に保つオイルです。特にアトピーなどで乾燥している肌の浄化と保湿に最適です。

使い方は、夜入浴前に、適量のニームオイルを乾燥部分に塗り込むだけです。

 

ヘアオイル以外のボディオイルも少し紹介しました。

用途に合わせて様々なオイルがありますので試してみてください♪

 

 

 

 

 

★マハラニヘナの購入はコチラ★

 

 

 

UA-93580511-1